税理士法人ハガックス | 電子帳簿・スキャナ保存対応、弥生会計、MFクラウド、freee導入支援、chatworkによるサポート、セミナー講師

03-3476-1381

お問い合わせ

事業承継サービス 〜後継者は決まっていますか?〜

後継者はお決まりですか?

今後5年間で30万以上の経営者が70歳になるにも関わらず、その6割が後継者未定といわれています。
認定経営革新等支援機関として事業承継セミナーや事業承継税制対応をお受けしている当税理士法人では、
事業承継のあらゆるパターンを想定し、お客様に最適な承継準備に向けてのアドバイスを行っております。

事業承継サービス

親族への承継 親族以外への承継
経営の承継 財産の承継 従業員等への承継 M&A 廃業

1. 親族への承継

親族の方へ事業を承継できる場合は、①経営の承継と、②財産の承継についてのご相談をお受けいたします。

経営の承継
経営権の承継や経営者の想いを引き継がせること
後継者候補が複数いる場合の代表後継者の選定
後継者候補が複数人いる場合にも、将来会社が重要な意思決定を行う際に争いが生じぬよう、最終的には1人に絞る必要があります。 
後継者の役員就任の時期
会社運営のためにはまずは現場の理解、特にキーマンとなる従業員の理解を得ることが重要です。会社の中での理解が深まるよう役員として現経営者から経営上の必要なスキルを徐々に承継していきます。
その過程では、経営会議に後継者も参加頂き、会社の経営状況の把握、試算表や決算書の見方、事業計画の作成の仕方など、経営のイロハを学んで頂きます。
この時点では、現経営者も引き続き代表取締役として業務を行います。
組織体制の整備
後継者を中心とした組織体制へと整備していきます。
得意先、取引先への周知
役員登用のタイミングなどから取引先へ周知していき、代替わりによる取引停止などを防止していきます。
先代の退任の時期
先代が完全に経営から退く時期を検討します。退職慰労金の支給は決算対策となるのみならず株価引き下げのチャンスでもあり、株の贈与や財産承継について事前に計画準備をします。
財産の承継
株式等の事業財産を引き継がせること
株価算定
会社の価値を把握します。株価算定には相続税評価としての純資産価格や類似業種批准価格、M&Aでの事業売却等で想定される売却想定価格などがあります。
株価評価の引き下げ
株価評価が高い場合には、相続税や贈与税を抑えるために株価引き下げの対策を行います。
生前贈与や売買の検討
贈与や売買による株式の引継ぎを検討します。
相続時の納税資金の確保
納税資金が不足している場合には、自社株の買取りなどによる資金確保の方法を検討します。
事業承継税制の活用
事業承継税制を活用し、事業承継の計画の作成・納税猶予の手続きを行います。
経営の承継
経営権の承継や経営者の想いを引き継がせること
後継者候補が複数いる場合の代表後継者の選定
後継者候補が複数人いる場合にも、将来会社が重要な意思決定を行う際に争いが生じぬよう、最終的には1人に絞る必要があります。 
後継者の役員就任の時期
会社運営のためにはまずは現場の理解、特にキーマンとなる従業員の理解を得ることが重要です。会社の中での理解が深まるよう役員として現経営者から経営上の必要なスキルを徐々に承継していきます。
その過程では、経営会議に後継者も参加頂き、会社の経営状況の把握、試算表や決算書の見方、事業計画の作成の仕方など、経営のイロハを学んで頂きます。
この時点では、現経営者も引き続き代表取締役として業務を行います。
組織体制の整備
後継者を中心とした組織体制へと整備していきます。
得意先、取引先への周知
役員登用のタイミングなどから取引先へ周知していき、代替わりによる取引停止などを防止していきます。
先代の退任の時期
先代が完全に経営から退く時期を検討します。退職慰労金の支給は決算対策となるのみならず株価引き下げのチャンスでもあり、株の贈与や財産承継について事前に計画準備をします。
財産の承継
株式等の事業財産を引き継がせること
株価算定
会社の価値を把握します。株価算定には相続税評価としての純資産価格や類似業種批准価格、M&Aでの事業売却等で想定される売却想定価格などがあります。
株価評価の引き下げ
株価評価が高い場合には、相続税や贈与税を抑えるために株価引き下げの対策を行います。
生前贈与や売買の検討
贈与や売買による株式の引継ぎを検討します。
相続時の納税資金の確保
納税資金が不足している場合には、自社株の買取りなどによる資金確保の方法を検討します。
事業承継税制の活用
事業承継税制を活用し、事業承継の計画の作成・納税猶予の手続きを行います。

2. 親族以外への承継

親族以外への承継方法としては、①従業員等への承継、②M&A、③廃業に分かれます。

従業員等への承継
親族に後継者がいない場合場合に検討します
親族以外の役員や従業員、社外の取引金融機関や取引先から後継者の選定
承継可能な候補がいるか検討し、候補をあげます。会社に借入金が多額にある場合は連帯保証ができないことから、銀行借入対策を事前に検討します。
株式の承継の有無
親族以外の後継者に株式を承継(オーナー社長)するのか、経営権のみ承継(雇われ社長)とするのか検討します。
M&A
会社の全部もしくは一部の売却・外部への引継ぎを検討します
企業評価の算定
会社がいくらで売れるか株価算定に基づき事前検討します。
事業譲渡先、売却先の検討
会社の譲渡先を探すために、ノンネームで買取候補先にあたります。また事業引継ぎセンター、M&A仲介業者、税理士会の「担い手探しナビ」(無料)など仲介サイトの利用を検討します。*M&Aシニアアドバイザリー保有
事業譲渡の実行
事業譲渡先が決定したら、株式譲渡・株式交換・事業譲渡など複数の方法を検討し最適な方法で譲渡します。
事業売却後の株主個人の確定申告
株式譲渡の場合、譲渡所得税が生じるため個人の確定申告が必要です。株式譲渡の場合は譲り受け金額を株式譲渡対価とするのか、役員退職金とするのか税金面での検討を行い節税に努めます。
事業売却先における事業のフォロー
会社の譲り受け企業において、統合後事業のスムースな運営定着を図ります。
廃業 清算結了登記を行い、残余財産があれば分配を行います。
従業員等への承継
親族に後継者がいない場合に検討します
親族以外の役員や従業員、社外の取引金融機関や取引先から後継者の選定
承継可能な候補がいるか検討し、候補をあげます。会社に借入金が多額にある場合は連帯保証ができないことから、銀行借入対策を事前に検討します。
株式の承継の有無
親族以外の後継者に株式を承継(オーナー社長)するのか、経営権のみ承継(雇われ社長)とするのか検討します。
M&A
会社の全部もしくは一部の売却・外部への引継ぎを検討します
企業評価の算定
会社がいくらで売れるか株価算定に基づき事前検討します。
事業譲渡先、売却先の検討
会社の譲渡先を探すために、ノンネームで買取候補先にあたります。また事業引継ぎセンター、M&A仲介業者、税理士会の「担い手探しナビ」(無料)など仲介サイトの利用を検討します。*M&Aシニアアドバイザリー保有
事業譲渡の実行
事業譲渡先が決定したら、株式譲渡・株式交換・事業譲渡など複数の方法を検討し最適な方法で譲渡します。
事業売却後の株主個人の確定申告
株式譲渡の場合、譲渡所得税が生じるため個人の確定申告が必要です。株式譲渡の場合は譲り受け金額を株式譲渡対価とするのか、役員退職金とするのか税金面での検討を行い節税に努めます。
事業売却先における事業のフォロー
会社の譲り受け企業において、統合後事業のスムースな運営定着を図ります。
廃業
清算結了登記を行い、残余財産があれば分配を行います。